制度改正(2012年1月から実施)によって

(1) 掛け金限度額(税制優遇)は、労使合計で月5万1000円。従業員個人が出せるのは企業の拠出額と同額まで。企業が月1万円しか拠出しなければ、従業員も1万円までとなる。

(2) 掛け金を積み増せる年齢上限も60歳から、企業が選択すれば65歳まで掛け金を積み増せる制度とする。  

  確定拠出年金制度には、企業が運営する「企業型」と自営業者らを対象に国民年金基金連合会が運営する「個人型」の2種類がある。今回の改正は企業型のみを対象としている。

労務安全情報センター
labor100-75