(2011.8.31共同通信記事から)


>>> 社内のコンプライアンス(法令順守)窓口への通報で不当に配置転換されたとして、大手精密機器メーカー「オリンパス」(東京)の社員が会社側に1,000万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8月31日、請求を棄却した一審東京地裁判決を変更、配転を無効と認め、220万円の支払いを命じた。


  判決によると、社員は、上司が取引先の社員を不正に引き抜こうとしていることを知り、2007年6月に通報。窓口の担当者が社員の名前や内容を上司や人事部などに漏らした後、営業職から3回にわたって別の部署に異動となり、新入社員用のテキストを使った学習をさせられるなどした。 <<<


東京高裁は判決で、


(1) 内部通報による不利益な取り扱いを禁止した社内の運用規定にも反し「人事権の乱用」である。


(2) 通報窓口の担当者は秘密を守って、適正に処理しなければいけなかったのに、守秘義務に違反した。


(3) 配転で「昇格、昇給の機会を事実上失わせ、人格的評価をおとしめた」と認定。配転後に新入社員同様の勉強をさせ、それをやゆした行為も「嫌がらせで違法」とし、精神的苦痛や賞与の減額分を損害と認めた。


などの判断を示した。



[編注、コメント]

 裁判の結果もさることながら


 内部通報制度が企業内で、継子扱いされている現状や企業の本音が垣間見られて興味深い事件だった。


 まず、処分を受けたのが、社内規定に反して守秘義務を犯した通報窓口担当者等ではなく、通報社員だったということ。ここに企業の本音と民度を見た。(上司の取引先社員を引き抜こうとした行為の違法性はよくわからないが、、)


 さらに、人事に最もタブーな行為は「嫌がらせ」だが、
上場企業の対応としてはどんなものだろう。


 恐らく、もっと上層部の雰囲気が人事部の措置に影響を与えているのだろうが、、、。(失うものも大きいような気がする。)


労務安全情報センター
labor100-75