[ニュース源] 日テレNEWS24は、東京電力の発表として2011.10.29 20:34)次のニュースを放映しました。


>>> 福島第一原子力発電所で29日、作業中に事故があり、作業員2人が病院に搬送された。1人は顎の骨を折るなどの大ケガをしている。
 「東京電力」によると、福島第一原発で29日朝、1号機の建屋カバー設置の際に使用していた大型クレーンの解体作業を行っていたところ、つり上げていた重さ360キロのワイヤの束が落下し、協力会社の作業員2人に当たる事故があった。
 この事故で、40歳代の男性作業員が顎の骨や肋骨(ろっこつ)など全身5か所を骨折する重傷で、ドクターヘリで救急搬送されて治療を受けている、また、20歳代の男性も首や肩などを強く打って病院へ搬送された。<<<