(以下は、毎日新聞2012.9.6配信記事から)


  「ライブチャット」と呼ばれるインターネットの動画交信サイトに女子高校生を出演させ、下着を脱ぐ映像などを男性客に見せたとして、愛知・岐阜県警合同捜査本部は7日、名古屋市北区清水5、チャットルーム経営、神谷陽介容疑者(26)を労働基準法(危険有害業務の就業制限など)違反の疑いで逮捕した。捜査本部によると同法違反容疑でのライブチャット関係者の摘発は全国初という。

  捜査本部によると、神谷容疑者は名古屋市中区のマンションの一室で、ウェブカメラ付きのパソコンを設置した「チャットルーム」を運営し、女性たちを働かせていた。

  逮捕容疑は、昨年10月から今年1月にかけ、岐阜県各務原市の女子高校生(16)が18歳未満と知りながら、カメラの前で下着を脱ぐなどの行為を7回させ、映像を配信したとされる。労基法は福祉に有害な場所での18歳未満の業務を禁止している。捜査本部によると、女子高校生は1時間当たり最高で6300円を得ていた。


[編注,コメント]

 「年少者(18歳未満)労働基準規則」で規制(就業制限)されているのは、第8条45号「特殊の遊興的接客業における業務」。
 記事だけではよくわからないが、
 「客に接する業務」がどのような形で行われたのか、捜査の組立てでは重要になる。
 記事では、
 「動画交信サイトに女子高校生を出演させ、下着を脱ぐ映像などを男性客に見せた」
 「カメラの前で下着を脱ぐなどの行為を7回させ、映像を配信した」
となっている。客との接し方がいまいち判然としない。


(参考)

○年少者労働基準規則
 (昭和二十九年六月十九日)
 
(労働省令第十三号)

第8条
(年少者の就業制限の業務の範囲)
四十四 酒席に侍する業務
 
四十五 特殊の遊興的接客業における業務
とは、カフェー、バー、ダンスホール及びこれに準ずる場所において客に接する業務をいう。(昭63.3.14基発第150号)



労務安全情報センター

http://labor.tank.jp

labor100-75